本文へスキップ

事業概要BUSINESS OUTLINE

スポーツ治療医学研究助成         

健全なスポーツ振興を支える治療医学。
ご自身の問題と捉えてください。

スポーツの楽しみが広がるほど、そこに内在する傷害や治療による克服は重要な課題となってきています。
研究者を助成することで個人個人のカラダを守り体力づくりを確実なものにしましょう。
国民の課題は、国民の力で。
成果も個人に還元されていきます。

カラダを使うのも、鍛錬するのもご自身です。
治療・予防の研究成果は、確実にご自身を守ってくれます。


研究助成はスポーツの数だけ。
障害治療法から予防法に拡がっています。

スポーツが原因で引き起こされる外傷及び障害に対する予防法・治療法・リハビリ法における独創的な研究に助成を行い、研究の振興を目指します
○研究助成 
 公募によって申請のあった研究について、選考委員会に諮り、助成金を 支給いたします。
 公募の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
○ノミニーファンド
 スポーツ治療医学に関する今日的なテーマに沿って、質的に水準の高い国内外の研究者について、助成金を支給いたします。選考委員会でテーマを設定し、関係研究機関から推薦を募ります。
○先端医療共同研究
 助成研究の成果をより充実させるために、iPS細胞(人口多機能性幹細胞)による再生治療、第10遺伝子活性化による長 寿医療、万能細胞10-11乗によるナノテク医療等の先端医療について、他の研究機関との共同研究を配意いたします。


スポーツ治療医学講座の開催


スポーツ治療医学研究の成果を各方面に広く普及させることを目的に従来からの研究成果を体系化し、これに基図づき、スポーツ団体等の指導者を対象とした実践的な講座を開催いたします。

◆テーマ・・・スポーツ治療医学の最新の情報と問題点、及びその対策について
◆対象者・・・各種スポーツの現場指導者及びその予定者
◆講 師・・・当財団役員、助成研究者

開催日程等の詳細につきましては、こちらをご覧ください。



スポーツ治療医学セミナーの開催

スポーツ人口の増大に対して、スポーツドクター体制の整備が急務となっており、その必要性が求められています。そこで、スポーツ治療医学セミナーを開催し、スポーツドクターの体制の整備と充実を測ります。

◆テーマ・・・最近におけるスポーツ治療医学の
       新たな問題点とその対策案
◆対象者・・・スポーツドクター(候補者も含む)
◆講 師・・・当財団役員、 助成研究者

開催日程等の詳細につきましては、こちらをご覧ください。


公益財団法人
日本スポーツ医学財団

〒150-012
東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエアタワー3階

TEL 03-5902-7911
FAX 03-5902-7912